2017年に入ってからプレミアムフライデーの導入や長時間労働に関する対策など、企業での就業者の働き方に関する改革が推進されている。それでは働き方改革はサラリーマンにはどの程度浸透しているのか。新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版を元に、確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は36747円と過去2番目に低い金額-「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果に