「マイナビオールスターゲーム・第1戦、全セ3−6全パ」(12日、東京ドーム)阪神・原口文仁捕手が劇的な代打本塁打を放った。5点を追う九回2死、一塁。オリックス山本の直球を仕留め、左中間席へ運んだ。チームの壁を乗り越え、一塁ベンチではDeNA筒香らが両手を突き上げガッツポーズ。巨人原監督も興奮気味に出迎えた。ファンは総立ちとなり、原口は笑顔でダイヤモンドを一周した後、ヘルメットを取って大歓声に