かんぽ生命と同社の保険を売る日本郵便は、保険商品の営業を8月末まで自粛する方針を決めた。不適切な疑いのある保険販売は、これまでわかった分だけで約9万3千件にのぼり、契約者などから相談や苦情が相次ぐ。不利益を被った契約者の訪問など、顧客対応を最優先すべきだと判断した。保険会社の営業自粛は異例の対応。自粛中は新たな保険契約が大きく落ち込むため、親会社の日本郵政の収益減少にもつながる。かんぽの不適切