■ハンセン病家族国家賠償請求訴訟の判決受入れに当たっての内閣総理大臣談話本年6月28日の熊本地方裁判所におけるハンセン病家族国家賠償請求訴訟判決について、私は、ハンセン病対策の歴史と、筆舌に尽くしがたい経験をされた患者・元患者の家族の皆様の御労苦に思いを致し、極めて異例の判断ではありますが、敢えて控訴を行わない旨の決定をいたしました。この問題について、私は、内閣総理大臣として、どのように責任を