365日休むことなく営業するコンビニは日本人にとってライフラインとなった。しかし、店舗数の増加には陰りも見え、そのスタイルは大きな岐路を迎えている。コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンはこの「難局」にどう対峙していくのか。4月に就任したばかりの永松文彦社長(62)に訊いた。【写真】セブン-イレブン・ジャパンの永松文彦社長──いまやセブン-イレブンの店舗数は約2万1000店を数えます。しかし最近は24時間営