トランプ米政権で軍縮や核不拡散を担当するクリストファー・フォード国務次官補が8日、朝日新聞のインタビューに応じ、イランが核合意の制限を超えるウラン濃縮に着手したことについて「全く容認できない」と強調した。合意維持を目指す欧州側に対し、「(厳しく)対応しなければ恥だ」と述べ、イランへの圧力を強化する米国に同調するよう訴えた。トランプ政権は昨年5月に核合意から離脱し、イラン産原油の全面禁輸を含むあ