イランの核開発をめぐって緊張が高まるなか、国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)で10日、特別理事会が開かれた。米国は、イランが国際合意で定める制限を超えた核関連活動に踏み切ったことを非難した。イランは米国の姿勢に反発し、激しいやりとりになった。理事会は非公開で、今回は米国が開催を要請。天野之弥(ゆきや)事務局長が事前に報告したイランの核関連活動の現状を踏まえ、各国が意見を表明した。IAE