相手の気分を損ねるケースも 使いづらくなった「頑張れ」という言葉東洋経済オンライン

相手の気分を損ねるケースも 使いづらくなった「頑張れ」という言葉

ざっくり言うと

  • 「頑張れ」という言葉は使いづらくなったと産業カウンセラーが指摘している
  • カウンセリングの現場では、「頑張れ」の言葉で相手が気分を損ねたとの例も
  • 相手の状況が分かっていないうえでの安易な声がけなどは避けるべきとした

ランキング