世の中には話にキレのある人と、ない人がいる。話にキレのある人は、端的に話ができて、聞き手を飽きさせない。一方、話にキレのない人はダラダラと話が行きつ戻りつしてしまい、聞き手をいら立たせてしまう。◆丁寧に話そうとして聞き手をいら立たせてしまう話のキレのない人に自分の話法をビデオで自撮りしてもらい、それを観た感想を聞くと、「丁寧に話そうと思うばかり、話を次の展開に持っていけなかった」「聞き手が関心