3登板連続で4回途中ノックアウト「成長をする機会だと捉えるようにした」マリナーズの菊池雄星投手が7日(日本時間8日)、今季から挑んだ米大リーグの前半戦を総括した。菊池は5日(同6日)のアアスレチックス戦で7回3失点の好投も報われず今季6敗目を喫し、4勝6敗、防御率4.94の成績で折り返す。ここまでの19戦を振り返る率直な思いは「あっという間でした」から始まった。直後に継いだ言葉は「やはりレベルの高さは日々感じ