◆男女の性愛を大胆に描いた春画江戸時代、男女の性愛を大胆に描いた春画。それは時には「枕絵」「わらい絵」と呼ばれ、身分、男女問わず広く嗜まれてきた。春画の中には男女の性行為だけでなく、ユーモラスで、また時に社会風刺的な描写もあり、見る人の心を引きつける要素が満載である。日本の春画研究の第一人者、石上阿希(いしがみあき)氏は、『日本の春画・艶本研究』(平凡社)で、もともとは中国からの男女和合の理