働き方改革関連法案が4月1日より順次施行となり、日本の労働法制としては初となる残業時間の上限規制が設けられた。これまでサービス残業との言葉に代表される賃金不払いや時間外労働などブラック企業問題が是正され、就業時間の短縮からプライベートの充実が実現するのではというポジティブな面もあれば、残業代を当てにしていた就労者からは悲鳴が上がるといったネガティブな一面も語られている。中でも残業代ありきで生活