日ロ首脳会談を終えたプーチン大統領は「平和条約について安倍総理と話し合った。日ロ関係を質の高いものに引き上げるため今後、政府間で大変な作業が行われるがその作業の成果こそが、両国の信頼と友好関係の発展に貢献する」と述べた。対話は継続されるべきとしたプーチン大統領だが、北方領土返還については述べなかったものの、今年秋にも観光やごみ処理などで試験的な事業を始めることでも合意した。今回の会談について、