[ニューヨーク26日ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は26日、インフレ圧力の低迷や米通商政策を巡る不確実性への対応に向け、利下げを実施する論拠があるかどうかを見極めるために今週数週間が重要になると語った。デイリー総裁は、米中通商交渉を巡る不透明性が成長を鈍化させ得るとし、利下げを正当化する可能性があると述べた。「現在は難しい時期にある」とし、「リスクマネジメントを念頭に置