6月22日に多数の負傷者を出したカンボジアのシアヌークビル市のビル倒壊事故で、中国企業がビルの建設工事を担当していることが分かった。これを受け、同国のフン・セン首相は、中国企業が建設する全ての建物を徹底的に調査するよう指示した。ロイター通信は、工事中の7階建のビルが崩壊し、少なくとも28人が死亡し、24人が負傷したと報道し、まだ多くの行方不明者が瓦礫に埋もれていると伝えた。24日、フン・セン首相は事故が汚職