【AFP=時事】男子テニス、世界ランキング2位のラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)が、次週開幕するウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2019)のシード順位の決め方に不満をあらわにした。他の三つの四大大会(グランドスラム)では、基本的に公式の世界ランキングがそのままシードの順位になるが、ウィンブルドンは唯一、ランキングポイントにグラスコート大会の成績を加味してシード順を決めるとい