日本の林業は、今や絶望的状況ではないか。そう思わざるを得なくなる事態が広がっている。宮崎県の盗伐事情について取材してそう感じたのである。すでに'''盗伐しても不起訴。その背景に透けて見える林業の闇を探る'''でも紹介したが、全国各地で他人の山を無断で伐採する事件が頻発している。なかでも宮崎県は異常な有り様だ。その実態を探った記事をWedge7月号に執筆したが、書き切れなかった点を紹介しよう。ここでは被害