野党は内閣不信任案を提出したが、圧倒的反対多数で否決された。最初から判り切っている結果であるが、枝野立憲民主党代表が一時間も趣旨弁明して何の意味があったのか。なんにでもケチを付けるようなやり方はいかがなものだろうか。もっと現実的な対応をすべきではないか。「反対の為の反対姿勢に、国会議員としての責任を果たしているのか」と言った声が多数寄せられた。私も同感である。「辻元清美国対委員長が、さもさものよう