『El Universo』は24日、「エクアドル代表FWエネル・バレンシアは、日本の危険さを警戒した」と報じた。コパ・アメリカ2019に参戦しているエクアドルは、初戦でウルグアイ、第2節でチリにそれぞれ敗北。勝点0でグループ最終節の日本代表戦を迎えることになった。動画を見たい場合はここをタップ!この大会のエクアドル唯一のゴールをPKで決めたFWバレンシアは、日本の強みを警戒するコメントを発表したという。エネル・バレンシア