6月12日のデビュー戦で、5回1失点でプロ初の勝ち星を挙げたプロ野球日本ハムの吉田輝星(18)。相手はセ・リーグ3連覇中の広島、しかも投げ合う相手は昨季最多勝のエース・大瀬良大地(28)。高卒ルーキーの門出には酷ではないかと思われたが、このデビュー戦は“策士”栗山英樹監督(58)の計算だった。「データ重視の現代野球では、過去に対戦のない“初物投手”にてこずる。その点、広島は、日ハムとリーグが違ううえ、二軍も