れいわ新選組の山本太郎氏に任せるのではなく、皆さんこそが先頭に立つべきだろうと思っている。衆参同日選挙はなくなった、と言われているが、衆議院の解散はいずれはある。早いか遅いかの違いはあるが、いずれ衆議院議員総選挙が行われるのは必至だから、これに備えるのは当然だ。候補者未定の空白区が多いと聞いている。国民民主党の玉木代表は勝てる候補の擁立を進めたいと述べているが、私から言わせるとこれはちょっと拙い。