「交流戦、阪神−西武」(22日、甲子園球場)西武・森友哉捕手がアクシデントに見舞われ、途中交代となった。七回、1死。植田のファウルが“急所”に直撃。痛みに顔をゆがめ、その場でもん絶した。トレーナーが駆け寄り、様子を見守ったが、大粒の汗を流して立ち上がることができなくなった。前日の試合でもファウルが当たり、打者の西に腰をさすられる場面があったが、この日はプレー続行できず。捕手には岡田が入った