◆社会の分断を招く人権無視の外国人労働者受け入れ技能実習生、留学生の死亡が異常に多い。法務省は、2012〜17年に171人の実習生が亡くなっているというが、実数ははるかに多いはずだ。彼らはなぜ死んだのか。遺族はどのような思いなのか。『月刊日本』7月号では、このまま行けば日本人と外国人の対立を煽り、社会の分断をも招きかねない現状に警鐘を鳴らすべく、「どうなる!外国人労働者問題」と題した特集を組み、外国人