国家戦略特区諮問会議やワーキンググループ(WG)のメンバーが自ら規制緩和案を提案し審査・選定に関与する「お手盛り」の実態について、内閣府は20日の野党合同ヒアリングで「法的に排除されない」と正当化しました。野党は、行政の私物化につながると厳しく批判しました。2014年5月に同諮問会議に提案された家事支援サービスへの外国人受け入れ事業などは、八田達夫、竹中平蔵両氏ら諮問会議メンバー5氏が提案者に