[東京/パリ21日ロイター] - 日産自動車<7201.T>が25日の株主総会に諮る統治(ガバナンス)改革に向けた議案について、筆頭株主の仏ルノー<RENA.PA>が20日、賛成する声明を発表した。両社は同改革に伴い新設する委員会の人事を巡り対立しており、ルノーは採決棄権の意向を示していたが、日産がルノーの要求に応えた人事案に修正し、ルノーの棄権を回避したかたちとなった。日産株を約43%保有するルノー