[17日ロイター] - フィンランドの発明家らが17日、いかだに浴槽を取り付けた「浮かぶお風呂」につかったまま、10時間余りのフィンランド湾横断旅行をした。発明家のジョアン・カピレートさんは、浴槽に2つのエンジンと太陽光発電パネルを装備。ヘルシンキからエストニアの首都タリンまで90キロの旅の間、乗組員は約1200リットルのお湯が入った桶につかり、釣りもした。ただ、途中でバーベキューの道具がいかだか