ある調査によると、アメリカに住む成人のうち、何らかの数学恐怖症を抱えている人の割合は、なんと93%に達するそうです。私自身、この93%の1人だと認めざるを得ません。ディナーの支払いを割り勘にするタイミングになると、私はにわかにソワソワしはじめます。そして勘定書から目をそむけて、こう言います。「私は数字はまるでダメ。だからライターになったんだから!」(ぎこちなく笑い、割り算をやらなくて済むようにと祈りな