日本共産党の山添拓議員は4日の参院国土交通委員会で、工期のひっ迫で無謀な長時間労働を強いる実態を示し、適正な工期設定の徹底を求めました。この中で、大成建設が元請けの「丸の内3―2」計画工事について、千葉土建一般労働組合の告発を紹介。「2年前に3人が亡くなる転落事故が発生し、昨年夏は猛暑の中で休憩所のエアコンもなく、熱中症が懸念された」と指摘し、「大成建設は職人を人間扱いしていない」など労働者の