消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れている様子。その取り組みについて紹介するのに必要不可欠となるのが「McHive」の存在。 5月下旬にオープンした“世界最小のマクドナルド”です。 規模の小ささと立地、さらにはミツバチの巣を意味するHiveが名前に入っていることから、すでに感づいている人も多いかもしれませんね。そう、養蜂箱のことなんです。