Appleは、動画サブスクリプションサービスApple TV+のため、年間6本の低予算映画作品の制作を計画している、とNew York Postが伝えています。Appleは高名な監督にも声をかけているAppleがオリジナルのコンテンツ制作に向けて動き出していることがわかっています。 Appleは、ひと作品あたり500万ドル〜3,000万ドル(約5億4,300万円〜32億5,600万円)の予算を用意しており、”高名な”監督や、その他の映像作家に声をかけ