朴斗鎮(コリア国際研究所所長)【まとめ】・「粛清報道」拡散恐れ?「誤報」と印象付ける世論操作。・欺瞞のためなら粛清した人物の映像をも狡猾に利用する金正恩。・「クロスチェック」と「合理的推理」で金正恩の嘘を見抜け。【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46320でお読みください。】ハノイ米