ウォールストリート・ジャーナルなど米メディアは12日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が米通信大手ベライゾンに対し、200以上の特許について10億ドル(約1080億円)にのぼる使用料を払うよう求めたと報じた。報道によると、華為は2月、通信機器からインターネットにつながる機器「IoT」まで広範な特許の使用料をベライゾンに請求した。両社は先週、この問題についてニューヨークで接触したという