12日午前7時頃、北九州市小倉北区の板櫃(いたびつ)川の河口付近で「4〜5メートルの生き物が泳いでいる」と航行中の漁船から市に連絡があった。小型クジラの一種「コビレゴンドウ」とみられ、河口付近で姿を現すのは珍しいという。門司海上保安部は航行する船舶に注意を呼びかけている。門司海保によると、体長約4メートル。山口県下関市の水族館「海響館」が北九州市などから画像提供を受けて確認した結果、体の色や頭