株主総会の議案の賛否について投資家に助言する世界最大の機関「ISS」が、リクシルグループのお家騒動をめぐり、前の社長・瀬戸欣哉氏の取締役選任について、反対するよう投資家に推奨したことがわかった。25日に開かれるリクシルグループの株主総会に向けては、会社側、そして対立する瀬戸前社長側、それぞれから取締役候補案が出ている。これについて、世界最大の議決権行使助言会社「ISS」は瀬戸前社長自身の取締役選任