妻を殺害し実家に遺体を埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた千葉県柏市の元銀行員、弥谷(やたに)鷹仁被告(37)と、殺人幇助(ほうじょ)罪などに問われた鷹仁被告の母恵美被告(64)の裁判員裁判の判決が12日、千葉地裁であった。岡部豪裁判長は鷹仁被告に懲役15年(求刑懲役17年)、恵美被告には求刑を上回る懲役7年(求刑懲役6年)を言い渡した。判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、妻麻衣子さん