2020年東京五輪・パラリンピックを機に「サングラス警備員」が定着するかもしれない。大会組織委員会が、競技会場周辺などを担当する民間警備員のサングラス着用を推奨することを決めた。国内では「失礼かもしれない」などとタブー視されることもあったが「酷暑や紫外線から身を守るためにも必要だ」との声が高まっていた。関係者も「かっこいい警備員という業界イメージの向上になれば」と期待する。20年大会は民間会社