ベイスターズのホームゲームの様子。満員状態が続いている(写真:横浜DeNAベイスターズ提供)近年、プロ野球の人気は総じて右肩上がりだ。5月8日には、セ・パ両リーグから、ホームとビジターでの対戦が一巡した時点での観客動員数が発表されたが、セ・リーグは前年同期比1.0%増の平均3万3606人、パ・リーグは同6.3%増の平均2万7328人だった。観客の数は今年も伸びている。人気上昇に伴って、チケットの争奪戦は熱を帯びている。