2004年までに消滅1935年にニューヨーク・オートショーで発表されたコード810が、史上初めてのポップアップ式ヘッドライトを搭載するクルマであった。しかしそれが幅広く採用されるまでには30年ほどを要した。1960年代後半から1970年代にはポップアップ式ヘッドライトが主流となり、ロータス、フェラーリ、トライアンフ、そしてポルシェなどが採用した。しかし2004年までにそれらはすべて姿を消すことになった。最後まで生産されて