改正入管法の施行により、外国人労働者の増加が見込まれる中、外国人への日本語教育の需要が高まると予測される。そのような中、「日本語教育現場の実情」を筆者の体験や現役教師の話をもとに紹介する。◆「日本語教師」という曖昧なステータス5月中旬に配信した記事では「外国人がつまずく日本語」について紹介したが、今回は「日本語教師という仕事」について綴ってみたい。日本語教師が面と向かってよく言われるのは、「