日常生活に支障をきたす女性ホルモンの変動 「30代以降の女性は、ライフステージでは心身ともに性成熟期の年代ですが、女性の生き方の選択肢が広がった現代では、月経痛、過多月経、月経不順、月経前症候群などの月経トラブルが多くなっています」と話す産婦人科医の篠𥔎百合子先生。中でも月経前症候群=PMS(Premenstrual Syndrome)は、日常生活に支障をきたすほど症状が重いことがあるのに、さまざまな症状が表れ