アーノルド・シュワルツェネッガーが、ラッパーデビューを飾った。オーストリア人歌手のアンドレアス・ガバリエールによる、シュワルツェネッガーの人生をテーマにした曲「パンプ・イット・アップザ・モチベーション・ソング」で、本人自らフロウを披露。ボディビルダー、俳優、政治家といった経歴に、新たな肩書が追加された。ちなみに同曲のMVにもシュワルツェネッガー本人が登場。「ターミネーター」のあの台詞を交え、こうか