(舛添 要一:国際政治学者)5月23〜26日にEUの欧州議会選挙が行われた。中道右派・中道左派はこれまで占めていた過半数を維持できず、極右政党が躍進した。また、緑の党やリベラル政党も伸びている。EU懐疑派が議席の3割を占めることになったが、親EU派のほうがまだ数が多い。結果を詳細に見て見よう。[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]中道会派の議席が大幅減欧州議会は定数751である。まずはこれまで議会の過半数