毎年、技研公開で楽しみにしているのが放送博物館コーナー。今年のテーマは「放送が伝えた皇室」である。まず一番手前にあったのは、1959年4月の当時の皇太子殿下の結婚パレードを撮影したカメラ。当時は日本製のカメラはなかったようで、製作したのはイギリスのPYE社。購入先がGPL社だったため、東京ではGPLカメラと呼び、大阪ではPYEカメラと読んでいたそうだ。なんとも渋いカラーリングだ。これは番組で見た記憶があるが、終戦