東京電力福島第1原発事故をめぐり、福島県などの住民が国と東電に損害賠償を求めた「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟で、仙台高裁は27日、事実上の現地検証に当たる現地進行協議を行い、県内の帰還困難区域などを回りました。原告弁護団によると、同種訴訟で高裁が現地進行協議を行うのは初めて。上田哲裁判長、島田英一郎、渡邉明子両裁判官らが、紺野重秋さん=浪江町=と深谷敬子さん=富岡町=、