自民、公明両党は22日、参院各派幹事長会談で、参院議員が月額7万7000円を目安に歳費を自主返納する議員歳費法改定案の要綱を提示しました。自民党は昨年7月、参院議員の定数6増(今夏の改選分は3増)を伴う改悪公選法を強行。2016年の参院選から合区となった「鳥取・島根」「徳島・高知」の2選挙区からはみ出す自民党候補を救済するため、比例区に「特定枠」を導入するなどして定数を増やしたものです。自公