千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(当時10)に対する虐待死事件を巡り、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして、傷害ほう助罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁で開かれた。これまで報じられた勇一郎被告の残忍・凄惨(せいさん)な手口のせいか、この日の報道を受け、ネットでは「夫婦そろって極刑にすべき」などの過激な書き込みも見られた。しかし、検察