【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は21日午前、国連本部で記者会見を開き、米国が差し押さえた北朝鮮貨物船「ワイズ・オネスト」を北朝鮮に直ちに返すよう求めながら、「米国のあらゆる行動を注視する」と述べた。北朝鮮が国連で会見を開くのは異例。金氏としても昨年9月の赴任後、初の会見だった。その内容は14日(日本時間)の北朝鮮外務省の報道官談話などと同じで、目新しい内容はなかった