関連画像弁護士ドットコム

「乱横断」50%近くの過失が歩行者に認められることも?

ざっくり言うと

  • 信号のない道路で、横断歩道の手前を渡る行為は「乱横断」と呼ばれている
  • その状況で事故が起きた場合でも、歩行者側は有利な過失割合になるそう
  • しかし、悪質な場合は50%近くの過失が認められることもあるという

ランキング