今年4月、男子ゴルフのタイガー・ウッズが、14年ぶりにマスターズを制覇した。ウッズは2014年5月を最後に世界ランク1位から陥落し、17年には1199位まで下がっていたが、この2年で完全復活を遂げた。落語家・立川談慶さんは「ウッズは『ご褒美が最後にくる』感覚を知っていた。この感覚を手に入れるには筋トレがいい」という――。(写真左より)マスターズ・トーナメント最終ラウンドの18番、14年ぶり5度目の優勝を決めて喜