韓国を訪れている米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は10日、康京和(カン・ギョンファ)外相らと相次いで会談し、今後の対北朝鮮政策について集中的に協議しました。韓国外務省によると、ビーガン氏は「北朝鮮が交渉に復帰できる扉は依然として開かれている」と言明しました。(面川誠)康氏は北朝鮮による相次ぐ飛翔(ひしょう)体発射について、「南北関係改善と朝鮮半島の軍事的緊張の緩和の努力に何の役にも立たない行為